tempra.jp

Page: 2/238  << >>
#bikepacking都内

こんにちわ。

べーやんです。

 

まずはじめに言っておきます。

今回のテーマは#bikepacking都内です。

 

今週もまた僕の休みの日の遊びの話です。

毎週水曜日はほとんどの自転車店が定休日なわけで、やはりそのことを自転車メーカー様も把握しているので水曜日は自転車の展示会も多いのです。

それで昨日は浅草にて行われていた自転車パーツメーカーの合同展示会にいってきました。

この合同展示会、去年に続き2回目なのですが出展される代理店の数が134社あるので、一度に網羅できてしまうわけです。

 

となると案の定ヒトヒトヒト…

なかなかの人の多さの為、tempraでも取引させて頂いているメーカーの方に挨拶できたりできなかったり。

なかなか見るだけでもいっぱいいっぱいです。

挨拶もほどほどにして商品もチェックしますが9月、10月に一度チェックしているので目新しいものは特にあらず会場を後にしました。

 

ここからが昨日の目的その2で、tempraファミリーのユウヤと以前から都内でライトなバイクパッキングをやろうと言っていました。

展示会後、ユウヤと合流して浅草をあとに。

 

堀切まで行き、荒川河川敷を少しばかりサイクリング

 

「都内でライトなパッキング」で思いついたのが「コーヒーを飲もう」だったので(なぜこれなのか…)少し走ったところでとりあえず淹れてみることに。

 

 

「お、いいね〜いいね〜雑な感じがいいね〜」とユウヤが入れ始めて僕も入れようと準備していたところ…

 

「あれ?まさか?まさか?」

「いやいや、そんなはずはない」

 

まさかのやってしまいました。

肝心のコーヒーとかカップとか一式を入れてある袋を家に忘れてきました…

 

マジで何をどうしたら自分でもその荷物を忘れるんだと思いましたね。

なのでユウヤが飲んだあとに借りて飲みました…

本当に自分を悔やみましたね。

もう二度とやらないって一瞬思いましたね。

次回から気を付けようと思います。

 

と、今回僕らはコーヒーを淹れただけなのですが、やったことない方でもこれだけでも雰囲気をかなり味わえます。

荷物もガス、ゴトク、クッカー(お湯を沸かせればクッカー以外でもいいと思います)、コーヒー、カップ、ドリッパーだけでアウトドアが味わえます。

カップもDEMITA x tempra / gearholic WALLMUGMICRO COFFEE DRIPPERがあれば楽ちんです。

今回僕は忘れましたけどね!

暖かくなってきてるのでこれからこういうことやるのが楽しみですね!

 

ちなみに気づいた方もいるかと思いますが、ユウヤはまさかの競輪フレームできてました。

本人は終始「重い…」と嘆いていました。

固定の場合はフレームバックだけにして、あとはバックパックを背負っちゃうのがベストかと思います。

荷物自体が少ないなら、小さなフロントバックとフレームバックで重さもそんなに感じません。(個人差はあると思いますが)

 

 

僕はAll-Cityでいったので楽々でした。

 

荒川河川敷もかなり走りやすくてよかったです。

たった数時間でアウトドア気分、バイクパッキング気分。

気分を持ち直して帰り方面に向かいますがユウヤと秋葉原に寄ったところで、まさかのBlue Lugメカニックのカネコからの連絡。

「浅草にいるんでしょ?会おうよ」と。

「アキバにいるよ」「こいよ」って伝えたら「会いたい」と付き合い始めのカップルみたいな発言してきました。

 

まさかアキバでカネコといるとは。

彼はほんとにタフガイです。ユウヤに多少馬鹿にされても持ち前のポテンシャルの前では無効化です。

 

ただアキバの喫煙所でたばこ吸っただけで、3人で仲良く帰路につきました。

 

かなり、雑な都内のパッキングでしたが、この程度ならかなり手ごろでいいです。

大荷物はあれですけど、ピストでもほんとに出来ちゃいます。

なんならバックの中に小さくなるナイロンサコッシュとか入れておけば、多少荷物が増えてもサコッシュを背負えば問題解決ですから。

 

次回は昼食までやってみたいですね。

ライトなパッキングでも気になる方はいつでも御質問くださいね。

僕もヘビーなのからライトまで今年はいっぱい出来ればと思ってます。

 

今回も長文失礼しました。

 

 

 

scroll top
13:23べーやん が書いたよ
お気に入りのタイヤは?

こんにちわ。

べーやんです。

 

最近暖かくなってきたので、久々に固定ギアに乗り出しました。

僕は寒いのが苦手で冬場は愛車のLEVELをフリーギアにして、ハンドルもユルイママチャリ系ハンドルに変更して乗ってます。

固定だと寒い冬は脚が動かないからという言い訳をしておきます。

 

それはさておき、久々に固定に乗ってスキッドをしたとき、フリーの時につけてきたタイヤではやりにくいという感覚でした。

なので固定の時に使用していたタイヤに戻したのですが、皆さんはそういった使い分けとかありますか?

 

そこで、前置きが長くなりましたが今日は僕の独断と偏見のタイヤの話を少しさせて頂きます。

 

まずはピスト乗りの中では代名詞といってもいいタイヤ。

vittoria randonneur ¥4,200(税別)

厳密には今発売されているのはrandonneur.

スキッドもやりやすく、音も良い!しかも持ちもよい!!グリップ力もあってタフなので街中でも安心ですね。

そのかわり少し重量が重めです。しかも現在は25Cも発売されているので競輪フレームにも履きやすくなりました。

はい次。

 

 

少し前から流行っているContinental Gatorskin ¥5,500(税別)

こちらは自転車のみではなく様々なジャンルのタイヤを発売している老舗Continental社のタイヤ。

値段は結構しますが、スリックめなので転がりが良いです。雨の日は少し心配ですが、僕は特に滑ってとかはなかったです。

ゴム質が柔らかいせいか僕はこのタイヤでのスキッドが苦手です。

粘りがあります。ただ粘りがある分通常走行でのコーナリングもよいです。

ただ持ちはだいぶいいです。

はい次。

 

 

Panaracer RiBMo S ¥2,848(税別)

このタイヤは個人的に影の名品といいましょうか。

僕も教えて頂いて使うようになったのですが、個人的には適度なグリップもあり、ゴム質が固めなのでスキッドもしやすいです。

ランドナーより持ちはよくないですが、なかなかもってくれます。ただ表記より太く感じます。(23Cでも25Cくらい?)

あとタイヤの真ん中が立っているので、つかいはじめは左右に振られる感じがあります。僕的には。

あとは価格がお手頃ですね。でも上記2つとも比べるとそれぞれ値段相応の走りだと思います。

 

と、こんな感じで僕は大体この3種類を使い分けている感じです。

 

ちなみに今の僕の車両はこんな感じです。

フロントは上記にはなかったContinental Grand Prix 4000(23C).

¥7,400もする高級タイヤで、一度は使ってみたいという憧れで付けました。

フロントに関してはスキッドをするわけではないので、転がりの良いものを選んでます。

これじゃないときはGatorskinを履いてます。

 

リアはPanaracer RiBMo(23C)です。

フリーから固定にした際にかえました。

フリーの時は転がり重視だったのでGatorskinでしたが、固定ではスキッドをするのでこっちにしています。

これより以前はランドナーでした。僕的にはランドナーとリブモを交互に使っている感じです。といってもあんまりスキッドしないので交換までは時間かかりますが。

 

一応今回書かせて頂いたのが、僕のLEVELを乗るときのこだわりというかタイヤに対する思いです。

そんなしょっちゅうかえるわけではないのですが、タイヤもゴムなので冬場の乾燥した時期に放置しているとひび割れてきてしまいます。

ましてや高気圧が入るタイヤなのでたとえタイヤが減ってなくてもひび割れの度合いによっては交換をおすすめします。

タイヤが破れてしまってからパンクになるとチューブもかえないといけなくなるから、あまり経済的でもないですしね。

 

どのタイヤもtempraで取り扱っておりますので、交換しようかな?と思っている人の参考になれば嬉しいです。

 

 

 

 

scroll top
13:34べーやん が書いたよ
またまたSAMSON

こんにちわ。

べーやんです。

 

最近あったかいと思ったらその分風が強くて全然前に進まないんですよね…

特に東京はビルの間から急に吹いてくるので、そのせいで車道も狭いからびくびくしながら走ってます。

皆さんも気を付けましょうね。

 

さてさて近頃組み付けの御依頼を多く頂きまして、本当にありがとうございます。

 

その中でも年始セールで購入頂いたフレームで組み付けをさせて頂きました。

それではいきましょう。

 

 

今回も前回に続きSAMSONです。

年始にダウンチューブにブレーキを通す穴があけられているいるということで激安で販売させて頂いたものです。

今回はtempraファミリーであるユウヤの友人ということもありオーナー様の意見をユウヤなりに受け止めて構成していきました。全体的には新しいパーツで構成しております。

 

クランクは今やダイレクトドライブの代名詞的なポジションにいるSRAM Omnium.

MASHが使っていたことから、日本でも火がつきましたね。

 

前後ともホイールはmavic open pro(color : CD)リムにシルバースポーク、シルバーハブ。

 

前後ハブはcycroc small flange hub.

このハブは僕の中では名品です。

なんてったって、前後で¥8,500(税抜)(ラージフランジは前後¥10,000)。

前後セットでのみの販売になっちゃいますが、コストパフォーマンス良しでシールドベアリングの為、メンテナンスの手間もなく回転もかなり良いです。

 

ステムはアヘッドコンバーターを使用してNittoのUI-25.

ハンドルは価格もリーズナブルなDEDA RHM01.

2015年のMASHの映像公開後はこのロードドロップを使用するスタイルが増えました。

このロードドロップハンドルは確かに握りやすく、長時間のライドも競輪ハンドルよりかは疲れにくいです。

今回はブレーキレバーを一本にしてtempra brake doublerを使用してすっきりとさせました。

普通にブラケットを左右につけると、より楽に乗ることが可能です。

 

このフレームが激安だった理由のダウンチューブにブレーキを通すための穴が開いていること。

 

それとBB下にブレーキが取り付けられるようチェーンステーのブリッジに穴があけてあること。

どちらの穴も前のオーナー様があけられたようですが、普通にドリルであけられている為、ちゃんと付くのかなどの不安がありました。

もちろん購入頂く際にはそういったところは全て説明させて頂いた上で了承して頂いてます。

よくtempraにも穴あけ加工の御依頼を頂きますが、現在では機材などもない為、お断りさせて頂いてます。

あけられる際には、ビルダー様に御相談されることをお勧め致します。

 

サドルはサンマルコ。

こちらも定番中の定番ですね。

サドルも一人一人お尻の形が違うので一概にこれが良いとはオススメしにくいのですが、ここばっかりは乗ってみてって感じですね。

 

とまぁ、今回はロードドロップを使用していることが目玉でしょうか。

ロードドロップを使用している方は多いですが、割合的にはエアロ形状のフレームで使用されている方が多くみられます。

でもこういったクロモリフレームにもマッチします。むしろクロモリロード的な感じでいいと思います。

 

まだロードドロップを使ってみたことない方、一度使ってみてはいかがです?

 

scroll top
12:19べーやん が書いたよ
All-City Space Horse Disc-Loaded Touring

こんにちわ。

べーやんです。

 

tempraでも取扱いさせて頂いている一押しブランド、

All-Cityより新しい映像が公開されました!!

今回の映像でみんなが乗っているSpace Horse Disc.

僕も持っているSpace Horseのdiscブレーキバージョンなんですが、

このフレームほんとに贅沢なんです。

 

何が贅沢かって、太いタイヤ入るし、

前後キャリア、フェンダーが取り付けできるダボ穴付でクロモリフレームだから

長時間のライディングでも体への負担も少なくてギア付でも

シングルで組むことも出来るまさに贅沢フレーム。

 

サイズも43から61まであり、

43、46はホイールサイズが650Bを使用するので女性も乗れちゃいます!

 

映像はParty brandらしくキャンプも静かでほのぼのより、

ワイワイガヤガヤとしてみてるこっちも楽しくなっちゃいますね!!

もちろんこのフレームは、

ゆるハンドルにしてカゴもつけて街中ゆるゆるチャリにも向いてますよ!

 

春もそこまできているので、

こういった自転車を組んでツーリングしてみませんか?

 

All-City Space Horse Disc

http://allcitycycles.com/

 

scroll top
11:16べーやん が書いたよ
SAMSON納車

こんにちわ。

べーやんです。

 

昨日の暖かさとは打って変わって今日と明日はまた寒いようですね…

温度差が大きいので皆さんも風邪をひかぬよう気を付けましょう!

 

さてさて、本日は先月末にお客様に納車させて頂いたフレームの御紹介!

 

 

SAMSON!!

御納車させて頂いたのは、

SAMSONのトラックフレームをベースとした街乗り固定ギア!

ホイール、クランク、その他パーツはシルバーでまとめて全体的にも競輪カラーとなりました。

写真の日差しがかなり気になる感じで申し訳ないのですが、

フレームはラベンダーパープルでNJSの中でも珍しいカラーのフレーム。

 

 

しかもこのフレーム、tempraで発売している世田谷競輪ステッカーがついていると思いきや、

ほんものの競輪検車合格シールが貼ってあります。

これはtempraに入ってくる中古フレームでもたまーにある代物。

これはこれでNJSフレーム好きの方にはたまらんと思いますよ!

 

 

サドルはKASHIMAX aeroのtempra別注 千社札刺繍サドル!

これ世界に3個しかないんです…遂にお嫁に行っちゃいました…ありがとうございます!

 

 

クランクは中古ではありますが、DURA-ACE!

 

 

ハンドルはライザーバーにして街中でもすいすい走れる仕様に!

グリップはオーナー様が最後の最後まで悩まれて、

「自宅に帰って決めます!」とのことなので裸のまま御納車ww

 

こんな感じで今回はオーナー様の意見を聞かせて頂いた上で、

競輪ぽくパーツはすべてシルバーでどうですか?と提案させて頂きました。

もちろん納車時も満足頂けた様子でした。

 

皆さんも「こういう感じに組みたい」っていうイメージをお伝えいただくか、

「この写真の感じで」とか実際に参考になる画像を見せて頂いて、

「じゃあこういう風にしましょう」などの御相談を

させて頂きますのでお気軽に御相談くださいね〜

 

scroll top
11:32べーやん が書いたよ

twitter


Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Profile

Entry

Category

Archives

Link

スマートフォン

スマホ版

Search

Mobile

qrcode

sponsor