tempra.jp

Entry: main  << >>
Salsa cycles 2019

こんにちは。

べーやんです。

 

今回は去年より取扱いを開始した「Salsa Cycles」の2019モデル

解禁となりましたのでオススメさせて頂きます!

 

9月の初めに名古屋で行われた展示会で僕も実物を見てきましたが、マジでいい!!

2019のsalsaは熱い!

ということで御紹介!

 

まずはこちら。

Salsa Timberjack DEORE 27.5+

¥159,800(税抜)

 

これはもう何も余計なことは言わない。ただかっこいい。

このTimberjackはMTBでは主流となった27.5(650B)と29erのコンパチブルフレーム。

そう、どちらのホイールでも楽しめちゃうのだ!

何よりこの値段のくせに、サスペンションフォークとドロッパーシートポストが

標準装備!

もちろん変速も11速のフロントシングル!(フロントはRACE FACEという贅沢!!)

27.5+は27.5インチのセミファットサイズのことなので27.5の3.0インチから

29erの2.6インチまで装着可能!

27.5ホイールでエアボリュームを出して乗るもよし!

29erで外径を大きくして走破性を上げるもよし!

リアエンドも様々なサイズのエンドに変えられる為、135mmクイック、142mmスルーアクスル、

148mmBoostホイール、シングルスピード用など様々な規格が装着可能!(標準以外のリアエンドは別売です)

トレイルライドからバイクパッキングまで贅沢に遊べる一台!

MTBが流行りつつある今、これはオススメするほかないモデルです!

 

 

次ぃ!

Salsa VAYA 105

¥238,000(税抜)

 

salsaのグラベルツーリングの定番モデルといえばこのVAYA.

tempraでも去年の取扱時に入荷した分がすぐに売れてしまい、追加の完成車も

先日売れてしまったというモデル。

2018モデルではコンポーネントがTiagraでしたが、105もグラベルを視野に

R7000という新型に変わり、その新型105を備えた2019モデルVAYA!

今までは完成車の場合はフォークがクロモリだったのに今年からカーボンフォークに

変更!

しかもフォークだけでダボ穴が3つも装備されている為、salsaのANYTHING CAGE

装着してよりバイクパッキング仕様にすることも可能!

もちろんフラットバーにしてフェンダーも付けて、街中お買い物仕様にしてしまっても

これまた良し!

discブレーキなので27.5のホイールを入れても面白い!

700Cでも50Cまでのクリアランスを誇るので、All-Cityのスポースホースディスクや、

Gollira Monsoonにも匹敵するでしょう。

街中からツーリング、グラベル、パッキングなど幅広く楽しめちゃう!

 

 

次ぃ!

Salsa Fargo Tiagra

¥248,000(税抜)

 

salsaの掲げる「Adventure by bike」というコンセプトのシンボルと言ってもいい

モデルがこのFargo.

モンスタークロスと呼ばれる29erのドロップMTB.

写真だと「27.5?」となるけどこれ29erの2.6!

29erでも27.5でもプラスサイズが装着できちゃう走破性が半端ないこいつ!

多くの荷物を積んで様々なルートを走破できるようにフレームには様々な

ギミックが搭載されているので、まさに無敵!

バイクパッキングはもちろん、29erで走破性も良いので都内の道だってぐんぐん進む!

個人的にはフラットバーにしてMTBとして乗るもよしかと。

Timberjack同様、リアエンドを様々なタイプに変更できる為、135mmクイックの

ホイールしかない場合でも、ブースト規格を使ってみたい時でも、

シングルで乗りたい時も、135mmから142mmに変更したい時もリアエンドを

交換するだけで今使ってるホイールから、心機一転もできるジョブチェンジ

半端ない!

 

 

次ぃ!

Salsa Journeyman Claris 650

¥128,000(税抜)

 

今年はこれが本命!?

まず驚くのは価格…

去年発表されたJourneymanの650B装着モデル!

(Journeyman 700Cモデルはこちら)

コンポはSHIMANO Clarisによってこの価格が実現できているんでしょうけど、

以前にも書いたかもしれないけど、現行のClaris,SORAを舐めてはいけない。

変速数が少ないだけで性能はまったくもって問題ない。

このJourneyman 650もClaris組みだけど、現行のClarisでもケーブルは全て

インナールーティン仕様になっている。なのでハンドル回りもすっきり!

Journeymann SORA 700との違いはフォークがカーボンかアルミかの違いと

ホイールが700Cなのか650Bなのかで後のジオメトリーなどは同じ!

ということは、650B(27.5)の2.1インチから700Cの50Cまで装着可能!

標準が650B組みなので手持ちの700ホイールを入れてもいいと思います。

VAYAのアルミフレームver.といったところでしょうか。

Journeymanはエントリーの方にはオススメです!

もちろんすでに自転車をお持ちの方もサブで買うにはお手頃価格でいいいのでは?

これもハンドルなどを変更して街中ゆるり仕様なんかもいいですね!

 

といった感じで2019のSalsaはめちゃくちゃ熱い!

日本に入荷は10月か11月頃ですが、もちろん予約出来ます!

なんなら予約の段階ですでに完売なんてこともあり得るかも…

 

御予約をご希望の方は店舗に直接来られてもよし、お電話、メールなどでも

受け付けておりますのでお申し付けくださいね〜

tempra cycle

03-6453-2655

fixed@tempra.jp

 

僕もSalsa欲しい!

 

scroll top
13:08べーやん が書いたよ
Trackback

twitter


Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Profile

Entry

Category

Archives

Link

スマートフォン

スマホ版

Search

Mobile

qrcode

sponsor