tempra.jp

Entry: main  << >>
SALSA VAYA & SALSA VAYA

こんにちは。

べーやんです。

 

梅雨に入る2週間ほど前からなぜか休みの水曜日ばかり雨が降るという

何ともムカつく日々が続いておりますが、意外と土日が晴れて恨んでます。

 

そんなことはさておき、先月から結構納車させて頂いている車両を紹介し忘れていたので

今回はそんな納車させて頂いた車体の御紹介。

 

今回は少し前から取扱を開始した「SALSA」を開始とともにババッと購入して下さった

2台を御紹介します。

 

しかもこの2台フレームもカラーもサイズも同じ、オーナー様は接点なし。

お2人とも使用したいパーツ案がかぶることかぶること…

 

まずは写真を見ちゃってくださいな!

 

フレームフォーク販売のSALSA VAYA

このカラーのみフレームフォーク販売で完成車販売のVAYAと違って

カーボンフォークになってます。

 

サイズは54で160後半から175cmくらいの方向けサイズ。

 

クランクはSRAM RIVAL1 フロントシングル仕様です。

 

リアディレイラーもSRAM RIVAL 11s

カセットも11-34Tとワイドレンジになりすぎないようにこの歯数をチョイス。

 

「バイクパッキングしたい!」

ということなので、まずは街中でもガンガン使えるOuterShellAdventure

Half Frame Bagを標準装備で。

 

ヘッドパーツはみんな大好きクリスキングのマットエメラルドを。

SALSAの象徴である唐辛子モチーフのヘッドバッジもかわいい!

 

ブレーキもSRAM RIVALの油圧式!効き具合はもうばっちばち!

リアエンドにもSALSA独特の造形が施されています。

もちろんフェンダーダボ、キャリアダボも装備されてますよ!

 

全体的にまとまっててアクセントのカラーヘッドパーツとフレームバッグが

良いアクセントになってます。

 

そして次がもうお1人の。

 

ばばん!

タイヤのカラーがビビっときてますよね!

先程の方のとはこちらの方がパーツは黒でまとめているも、ビビっとした

アクセントがきいてますね〜まさにSALSAのホットチリが効いてるわけですよ。

(うまいことなんて一つも言えませんからね。僕の言いたいことを感じとってください)

 

先程の方との大きな違いはセンタースタンドが付いているということ。

ここは苦労しました…

こちらのオーナー様はチャイルドシートも付けた際に立てられるようにとの

御要望を頂きこうしました。

オーナー様はトラックもロードももっておられてテンプラにもよく遊びに来て下さるのですが、

固定NJSフレームにビンディングシューズで後ろにチャイルドシートを付けてらっしゃるつわもの!

問題はシフト、ブレーキのケーブルが走っているのでどう回避して取り付けるか。

思いついたことをやった結果がこれですよ。

トラックのフォークにつけるバンドのコの字のあのパーツにケーブルサイズの穴をあけ

そこにケーブルを通す!

もちろん耐久性も確認したのでお子様を乗せるくらいなら大丈夫です!

なんせスタンドサイドもちょいと加工してますから。

 

こちらはコンポーネントはシマノのMTBコンポであるSLXをチョイス。

フロントは34Tと小さくこちらもフロントシングル仕様。

 

リアディレイラーもSLXでスプロケットは11-40TのMTBと同じワイドレンジ仕様!

 

こちらは機械式タイプのAvidのBB7 Road Sを使用。

機械式の中では引きが軽くてオススメですよ。

 

こちらもヘッドパーツはマットエメラルド!

ここには深い訳があって、お2人ともヘッドパーツはかなり悩まれてました。

当初は赤、マンゴー、ネイビーなどでしたが、メーカー様の在庫状況の関係もあり、

欠品しているものもあったりで、最終的に行き着いたカラーがこのカラー。

もともとヘッドはカラーでアクセントにとお2人とも言っていたのですが、

まさか同じ色になるとは…

 

もう1つの理由は二つとも同時進行で届いたパーツから組み上げていったので、

組付け途中経過をお2人とも相手も車両をみながら細かいパーツを決めていきました。

 

まさに探り探りに組み上がった2台となりました。

 

はたから見たら、同じに見えるかもですが、それぞれこだわってパーツを選んで

組付けをしたので知ってる人には分かってもらえるはず。

 

類は友を呼ぶ現象が発生するのは仕方ないです。

 

しかも人の見るとよく見える現象も発生しますし。

おかげさまで取扱開始してから早速SALSAをご提供できてこちらとしても嬉しい限り。

 

SALSAはまだ認知度は低いものの結構古いメーカーなのでフレームには

今まで培ったノウハウが込められています。

 

「ADVENTURE BY BIKE」をコンセプトに街中でも山でも、草原でもどこでも

走りようによってはアドベンチャーを体験できるので気になっている方は

ぜひチェックしてみて下さいね!!

scroll top
13:40べーやん が書いたよ
Trackback

twitter


Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Profile

Entry

Category

Archives

Link

スマートフォン

スマホ版

Search

Mobile

qrcode

sponsor