tempra.jp

Page: 1/5   >>
リペイント

こんにちわ。

べーやんです。

 

今日はちょこちょことオーダーを頂くフレームのリペイントの話。

皆さんもずっと愛用している自転車の塗装が剥げてしまった、色あせてきた、気分転換にリペイントしようかと思ってる方もいらっしゃるかと思いますのでその一例を御紹介させて頂きます。

 

今回リペイントさせて頂いたのはイベント等でもちょこちょこと一緒に参加してくれているtempraガールズ部門(勝手に作って勝手に決めつけている)のガールズべーやんのフレーム。

 

ベースとなるフレームはこちら。

JAMIS NOVA SPORTS.

黒ベースに水色のロゴ、水色のラインが入った女の子らしからぬカラーリング。このフレームはもともと完成車で販売しているものを約2年ほど前に購入頂き、カラーに飽きてきたということで今回リペイントしました。

 

まずは要望を聞いて、「ピンクとオレンジがいい。しかも蛍光」発言に、「まじか?!」ってなりましたよね。

僕ら自転車屋とか自転車好きすぎる人がリペイントしたいというときは大体「あの車のカラーに」とか「ヴィンテージのこのカラーに」とか「あの国のチームフレームのカラーに」とか、某Goo○le先生の画像検索や雑誌の見本等で頭の中にイメージさせると思いますが、今回はカラーのみをどどんと言われたもので、想像上ではド派手なドえらいフレームになるんじゃないかと思ってました。

とりあえずはこの2色をどう入れるのか、もう必死にPCにかじりついたわけですよ。

 

少しでもひっかかるワードを模索してディグった結果、「これでしょ」がみつかりました。

なんだよこれ、想像してたのと違ってかっこいいじゃねえかよ。

しかもSALSAとかイケてんだろ。

車種は違えどあくまでもイメージなのでこれを見てもらいました。

無事にGOサインをもらったわけですが、イメージのSALSAはMTB、リペイントするのはシクロフレームなのでどこで色分けをするか。

「両方同じ割合で」。

どうしよう、パイプの太さもトップ、ダウン、シートとかで違うから見える面積が違うから難しい…

マスキングテープで境目を決めて、入念な注文書を作成して「ええい!ままよ!!」

塗装は外注になるわけですが、競輪選手のフレームをメインに塗装されているところなので安心感はあります。

だがしかしちゃんと僕らのイメージを伝えることが出来るかが重要。

 

選手の方を優先されているのもあり混んでいた為、1ヶ月ほどかかってしまいましたが到着。

ばばん!

「おっ、想像よりいい感じ〜」

見本はマットでしたが、「てかてかで」という要望もありグロス仕上げ。

全然いい。

 

早速組み付けてみる。

いいグラデーション具合です。

 

フロントギアはほぼ使わないということで僕が前に使っていた105コンポをまるまる乗せ換え。

もちろんチェーンリングも脱落しにくいようrace faceのナローワイドを。

 

リアも9速から10速に。

 

こちらも御要望のBlue lugさんオリジナルのパンダの手ペダルに

 

ばばん!とこんな感じに仕上がりました。

身長が低いのでハンドルも幅を狭いものに交換して、ステムも短く、フォークも純正をリペイントしたけど鬼重かったのでTNIのカーボンフォークをインストールしてタイヤもお古から新品へチェンジ!!

純正パーツがホイールと、シートポストとシートしかないw

 

毎回僕らのイメージをそのまま業者様に伝えて待つだけなので、ドキドキです。

今回はかなり結果オーライでした。

ちなみに今回の費用はフレームフォーク全部で3色使用して、しかもグラデーションオーダーなので¥45,000円程になりました。

※パーツ、車体バラシ、組み付けは別途

御参考までに、1色のみ剥離塗装でおよそ¥32,000〜となっております。

あとはフレークを入れたり、今回のように多色使い、グラデーション等は作業内容に応じてアップという感じです。

 

愛着のあるフレームやフォークをさらに自分のこだわりのカラーへリペイントして、愛着が増してくれれば自転車側も本望でしょう。

 

皆さんもお手持ちのフレームをお好みのカラーにしてみてはいかがですか?

今まで以上に大事にするし、今まで以上に愛着わくし、今まで以上に乗ると思いますよ。まじで。

逆に当時のカラー完全再現して干渉しながらクイっと一杯とか。

 

僕は塗り替えたら組み付ける前にご飯3杯いきます。

 

いつでも御相談下さいね〜

 

scroll top
13:08べーやん が書いたよ
tempra cycle パパチャリスタイル。

先日、緊張の元に無事納車しました、

tempra cycleパパチャリスタイル。

フレームカラーがクレイジーでヤバイ一台のオーナーは、

公私ともにお世話になりまくっておりますJerry Ukaiさんです!

 

 

デッドストックのフレームをベースに、

ほぼ最新のパーツで仕上げました。

見た目は激しいですが、あくまでも子供を乗せて走る事に支障が無く、

安全で乗りやすくセッティングを出してあります。

このタイプのフレームには、

センタースタンドの取り付けは通常できませんが、

tempra cycleお得意のワンオフパーツを愛媛の匠に製作していただき、

バッチリセンタースタンドが装着できております。

 

 

どうしてこんなカラーが思いつくのか?

脱帽です。

 

 

パパチャリで一番大事なチャイルドシートは、

tempra cycleでも人気のYepp Miniのオールブラック。

 

 

誰でもが乗りこなせる訳では無い激しいカラーと、

グラマラスな後ろ姿にムラッと来ます。

 

やっぱりせっかく愛する子供と一緒に自転車に乗るなら、

パパ格好良い!ママ格好良いって言われたいし、

見て乗って楽しく格好良い自転車が良いですよね。

 

今お持ちのお気に入りの自転車や、

このようにベース車両をカスタムしてパパチャリ、

ママチャリに仕上げる事も出来ますので、

気になる方はお気軽にご相談ください。

乗りやすく格好良い、

可愛い自転車を製作させていただきます!!

 

では、宜しくお願いいたします。

 

 

tempra cycle
駒沢通り沿い 東急東横線 学芸大学駅から徒歩10分の自転車屋です。
パンク修理からカスタム、車両、部品販売、
中古部品買取と販売まで自転車の事なら何でもおまかせを!

 

住所 東京都世田谷区下馬6-18-8 1F
電話 03-6453-2655
website www.tempra.jp
定休日 水曜日

営業時間
tempra cycle 11:00〜20:00 日・祝日のみ11:00〜19:00(水曜定休)
Drop bar cafe 20:00〜23:00(金曜日のみ営業)

scroll top
12:22kentaxxxxx が書いたよ
Kalavinka vintage road.

こんにちわ。

べーやんです。

 

近頃土日が雨で困りますね。

気づけばあったかくて桜も見に行く前に散ってきて、

緑の葉が多くなってきてしまったと思ってます。

 

さて本日は以前納車させて頂いた車両の御紹介。

 

ババン!!

みんな大好きKalavinka vintage road bike!!

オーナー様はtempraによく遊びに来てくれるT様。

tempraヒゲメガネ社長が連載している雑誌「THE DAY」「パパとチャリ」コーナーにも出て頂いた方で、

今までは固定ギア、シングルスピードにしか乗ったことがなかったということで初めてのギア付自転車。

 

フレームからパーツまでtempraにあった中古パーツを組み合わせた、

vintageむんむんなチャリになりました。

実は納車時はkalavinkaのロゴは入ってなかったのですが、

オーナー様自ら九十九サイクルスポーツさんで入れてきてもらったからと見せに来てくれました。

 

ハンドル回りはnittoのUIステムを使ってハンドルもnitto、

レバーはDURA-ACEです。

 

クランクも当時物のDURA-ACEを使用。

ペダルは普段から使い慣れているというTIMEのSPDペダル。

 

リアディレーラーもDURA-ACEで、

シフトワイヤーのアウターは雰囲気がよりですステンレスむき出しのアウターを使用。

 

前後キャリパーもDURA-ACE.

ブレーキシューだけついてなかったのとアーチが少し足りなかったので、

オフセットされているブレーキシューをインストール。

 

 

ここまできたらそりゃあ前後ハブもDURA-ACEですよ奥さん。

しかもここがポイントなのですがこのフレーム、

通常の古いロードはエンド幅が126mmなのですが、

このkalavinkaのフレームはなんと120mm幅。

 

測ったときは「まじか…」ってなりました。

しかしシャフトも削って、玉押しを活かしつつロックナットも薄いものに変えてと

結構大変な作業になってしまいましたが、

そのおかげでなんと8速で使用出来るようになりました!!

 

tempraではこういった作業も出来る限りはやります!

もちろんパーツ等がそろっていればの話ですが…

 

といった感じで、今回のチャリはフルDURA-ACEで(写真撮り忘れましたがシートポストもDURA-ACE)、

シートとペダルは使い慣れた新しいものをいれた新旧ミックスな感じです。

 

納車時はギア付も初めてということで、おぼつかない感じでシフトチェンジされていたのですが、

ロゴをいれられて来られた時にはもう慣れてましたねww

 

今回の自転車は製作しだしてから納車までに時間がかかってしまったのですが、

喜んで頂けてこちらとしてもありがたい限りです。

 

皆さんも家に眠っている古いロードをレストアしてみませんか?

できる限りなんとかいたします!!

 

 

 

scroll top
11:28べーやん が書いたよ
SAMSON マーブルフレーム

こんにちわ。

べーやんです。

 

今日はちょっと前に納車させて頂いた自転車を御紹介。

 

SAMSON Illusion track.

年始セールで目玉商品として出したこちら。

オーナー様は女性になります。

フレームカラーは女の子に似合う水色と白のマーブルカラーになってます。

 

パーツは全て中古となっていて、フレーム購入後パーツを全てお持ち頂き、組み付けをさせて頂きました。

定番のSuginoクランクをはじめ、中古ながらもNitto,ARAYA,SUZUEなどパーツは妥協されておりません。

 

 

ハンドルは緩く乗れるタイプにブラウンのバーテープとクラシックなセッティング。

パーツも全てシルバーでまとめられていてホイールもチューブラーの為、より一層クラシック感が出ていますね。

女の子ならスキッドもしないのでチューブラーでも問題ないですね。

こういった自転車に乗ってる女の子を街でみかけると、男子はみんな見ますよね。凝視レベルで。

チャリ見てんだか、女の子を見てんだか、いや、トータルすべてを見てるんですよね。

 

最近tempraではこういったゆるチャリクラシック風カスタムの御依頼を多く頂いております。

「こういった風に組みたい」という方はもちろん、「緩く乗れるように組みたいけど、どんな感じがおすすめですか?」という方も多いのでやはりtempraとしてはクロモリを活かしたクラシックスタイルをおすすめさせて頂きます。

もちろんここにちょっぴりスパイスも加えさせていただきます。(それが採用されるかはオーナー様次第ですが…)

またこのようなゆるチャリ仕様であれば、初めての方も、女性の方も固定ギアにして乗り出しやすいです。

もちろん今回のオーナー様も固定ギアです。

 

春にもなって花粉があれですけど、乗る機会も増えてきてぽかぽか陽気の中だらだらとカップルで、夫婦でのれるゆるチャリ。

おすすめです。

特に数台所有している方におすすめです。

 

組付けやカスタム等お気軽にお申しつけ下さい。

 

scroll top
11:48べーやん が書いたよ
KATAKURA SILK

こんにちわ。

べーやんです。

 

最近あったかくなってきたせいか、自転車のメンテナンスや製作の御依頼を多く頂いて本当にありがたい限りです。

今日はそんな製作車両を御紹介。

 

今回製作させて頂いたのはKATAKURA SILK.

店頭にあったフレームからお選び頂きました。

パッと見でこの渋い感じですが、オーナー様は女性の方です。

基本的には「パーツのことはそこまで分からないです…」とおっしゃっていたので、ご要望を聞きつつ、僕の方でカラーリングやパーツ構成をすすめさせて頂きました。

パーツはほぼシルバーでまとめて、ホイールはリムにhard anodizedというグレイのカラーを入れてシルバーでギラギラなりすぎないようにしました。

 

ハンドルは安定のNITTOをチョイス。

形はB352を選びました。ハンドルにはめんどくさいこだわりを持っていると自分で思っている僕のなかで一押しの型です。

B302やB602もいいのですが、ライズが高いのがあまり好きでないところと、個人的にはB352の方がクラシック感が出るところが推しですね。

ライトはつば付きの砲弾ライトを。こちらはオーナー様が一目見て「これで」と即答されたライトです。

これもまた一層雰囲気が出ますよね。

 

サドルはBROOKS B17Sをチョイス。

こちらも皮サドルを使用したいとのご要望で、女性なのでB17でも小ぶりのB17S(short)をおすすめしました。

 

ハンドルグリップ部はサドルと同じBROOKSのマイクロファイバーテープを選びました。

同じBROOKSなのでカラーもサドルと合わせることが出来ますし、マイクロファイバーなのに皮の風合いかつ、皮よりリーズナブルなので、こちらもオススメですね。

 

クランクはちょうどタイミングよく入ってきたusedのデュラエース。

当たり障りなく名品です。

そしてペダルは僕らの代名詞三ヶ嶋です。僕の中では「築地」と呼んでいるこのペダル。これまたグッと雰囲気がでるんです。

「こんなペダルあったの?」とよく言われるのですが、三ヶ嶋さんは様々なタイプのペダルを製作されているので実はこんな実用車向けもあるんです。

こちらもオーナー様に見て頂いた瞬間「これで」と即答でした。

 

ホイールはcycrocハブを使用してH plus sonのTHE BOXリムを使用しています。

このハブ、度々紹介させて頂いてますが本当によく回ります。

しかも前後セットで値段もリーズナブルなのでお財布にもやさしいです。

ギアは女性なのでフリーギアにしました。ギアも固定かフリーかで少し悩まれましたが、最終的にフリーギアになりました。

慣れたら固定にも挑戦してみてくださいね。

 

こんな感じで今回は渋いクラシックスタイルな1台が完成しました。

 

皆さんも春にむけて組んでみてはいかがでしょうか?

お気軽に御相談くださいね!!

 

scroll top
12:49べーやん が書いたよ
またまたSAMSON

こんにちわ。

べーやんです。

 

最近あったかいと思ったらその分風が強くて全然前に進まないんですよね…

特に東京はビルの間から急に吹いてくるので、そのせいで車道も狭いからびくびくしながら走ってます。

皆さんも気を付けましょうね。

 

さてさて近頃組み付けの御依頼を多く頂きまして、本当にありがとうございます。

 

その中でも年始セールで購入頂いたフレームで組み付けをさせて頂きました。

それではいきましょう。

 

 

今回も前回に続きSAMSONです。

年始にダウンチューブにブレーキを通す穴があけられているいるということで激安で販売させて頂いたものです。

今回はtempraファミリーであるユウヤの友人ということもありオーナー様の意見をユウヤなりに受け止めて構成していきました。全体的には新しいパーツで構成しております。

 

クランクは今やダイレクトドライブの代名詞的なポジションにいるSRAM Omnium.

MASHが使っていたことから、日本でも火がつきましたね。

 

前後ともホイールはmavic open pro(color : CD)リムにシルバースポーク、シルバーハブ。

 

前後ハブはcycroc small flange hub.

このハブは僕の中では名品です。

なんてったって、前後で¥8,500(税抜)(ラージフランジは前後¥10,000)。

前後セットでのみの販売になっちゃいますが、コストパフォーマンス良しでシールドベアリングの為、メンテナンスの手間もなく回転もかなり良いです。

 

ステムはアヘッドコンバーターを使用してNittoのUI-25.

ハンドルは価格もリーズナブルなDEDA RHM01.

2015年のMASHの映像公開後はこのロードドロップを使用するスタイルが増えました。

このロードドロップハンドルは確かに握りやすく、長時間のライドも競輪ハンドルよりかは疲れにくいです。

今回はブレーキレバーを一本にしてtempra brake doublerを使用してすっきりとさせました。

普通にブラケットを左右につけると、より楽に乗ることが可能です。

 

このフレームが激安だった理由のダウンチューブにブレーキを通すための穴が開いていること。

 

それとBB下にブレーキが取り付けられるようチェーンステーのブリッジに穴があけてあること。

どちらの穴も前のオーナー様があけられたようですが、普通にドリルであけられている為、ちゃんと付くのかなどの不安がありました。

もちろん購入頂く際にはそういったところは全て説明させて頂いた上で了承して頂いてます。

よくtempraにも穴あけ加工の御依頼を頂きますが、現在では機材などもない為、お断りさせて頂いてます。

あけられる際には、ビルダー様に御相談されることをお勧め致します。

 

サドルはサンマルコ。

こちらも定番中の定番ですね。

サドルも一人一人お尻の形が違うので一概にこれが良いとはオススメしにくいのですが、ここばっかりは乗ってみてって感じですね。

 

とまぁ、今回はロードドロップを使用していることが目玉でしょうか。

ロードドロップを使用している方は多いですが、割合的にはエアロ形状のフレームで使用されている方が多くみられます。

でもこういったクロモリフレームにもマッチします。むしろクロモリロード的な感じでいいと思います。

 

まだロードドロップを使ってみたことない方、一度使ってみてはいかがです?

 

scroll top
12:19べーやん が書いたよ
SAMSON納車

こんにちわ。

べーやんです。

 

昨日の暖かさとは打って変わって今日と明日はまた寒いようですね…

温度差が大きいので皆さんも風邪をひかぬよう気を付けましょう!

 

さてさて、本日は先月末にお客様に納車させて頂いたフレームの御紹介!

 

 

SAMSON!!

御納車させて頂いたのは、

SAMSONのトラックフレームをベースとした街乗り固定ギア!

ホイール、クランク、その他パーツはシルバーでまとめて全体的にも競輪カラーとなりました。

写真の日差しがかなり気になる感じで申し訳ないのですが、

フレームはラベンダーパープルでNJSの中でも珍しいカラーのフレーム。

 

 

しかもこのフレーム、tempraで発売している世田谷競輪ステッカーがついていると思いきや、

ほんものの競輪検車合格シールが貼ってあります。

これはtempraに入ってくる中古フレームでもたまーにある代物。

これはこれでNJSフレーム好きの方にはたまらんと思いますよ!

 

 

サドルはKASHIMAX aeroのtempra別注 千社札刺繍サドル!

これ世界に3個しかないんです…遂にお嫁に行っちゃいました…ありがとうございます!

 

 

クランクは中古ではありますが、DURA-ACE!

 

 

ハンドルはライザーバーにして街中でもすいすい走れる仕様に!

グリップはオーナー様が最後の最後まで悩まれて、

「自宅に帰って決めます!」とのことなので裸のまま御納車ww

 

こんな感じで今回はオーナー様の意見を聞かせて頂いた上で、

競輪ぽくパーツはすべてシルバーでどうですか?と提案させて頂きました。

もちろん納車時も満足頂けた様子でした。

 

皆さんも「こういう感じに組みたい」っていうイメージをお伝えいただくか、

「この写真の感じで」とか実際に参考になる画像を見せて頂いて、

「じゃあこういう風にしましょう」などの御相談を

させて頂きますのでお気軽に御相談くださいね〜

 

scroll top
11:32べーやん が書いたよ
All-City Nature boy

こんにちわ。

べーやんです。

 

今日はtempraで組ませて頂いた自転車の御紹介。

 

去年の後半からぐいぐいと知名度を上げているAll-Cityの「Nature Boy」です。

tempraでもフレームからの組み上げや、完成車でのオーダーをよく頂いております。

 

今回組み付けの御依頼を頂いたこのNature Boyはシングルスピードシクロクロス向けに作られたモデルになります。

 

前後ブレーキはカンチブレーキまたはVブレーキ仕様となりシクロクロスレースなどのオフロード走行の際、ブレーキに泥が詰まらないという利点があります。

今回はコストを抑えるために、お客様がすでにお持ちのパーツを使用して組み上げていきました。

 

前後カンチブレーキはSHIMANOから発売されているシクロクロスラインのCX70を使用。

 

クランクセットもSHIMANO CX50を使用。シングルスピードなのでチェーンリングも一枚に変更しました。

 

All-Cityのあるミネアポリスにあるヘネピンブリッジのロゴヘッドバッチもいかしてます。

 

リアエンドにもヘネピンブリッジの型が彫られています。このフレームはトラックエンドでありながらエンド幅が130mmの為、ロードホイールを使用します。(写真は撮り忘れました…)

スプロケットさえシングルスプロケットを使用すれば難なくはけるので汎用性もあっておすすめです。

 

タイヤも38Cまで入るので街乗りでも安心できる太さのタイヤで走行できます。

また130mmの固定ギアが使用できるハブも様々なメーカーから発売されているので固定ギアトラックとしても乗ることが可能です。

今回は持ってきていただいたパーツを使用して、tempraで揃えたパーツ、フレームフォークも含めて¥12万円程で済みました。

 

日常でもかなりガシガシ乗れて、様々なカスタムもできるのでオススメのフレームです。

 

scroll top
11:33べーやん が書いたよ
KUWAHARA OLD MTB復活への道 〜前編〜

こんにちわ。

べーやんです。

 

今日の東京は上着いらず!このまま暖かくなってほしいです。

夜はまた北風で冷えるようなので既にテンション落ちてます。

 

さて今日は、ある自転車の製作依頼のお話です。

 

 

E.T.の映画に出てきたBMXで有名な、日本の誇る自転車ブランドKUWAHARA。

今回はこのKUWAHARAのOLD MTBをいい感じにしちゃいます。

ちょっと懐かしい'90sカラーリングがダサくて格好いい。

 

完成系のイメージは、オーナー様にどういう風に乗りたいかをインタビュー。

tempraぽさとOLD MTB雰囲気を保ちつつ、

最新の部品もふんだんに使用してバリっと仕上げる予定です。

 

だがしかし、OLD MTBだけあって早速数々のハードルが見えています。

 

 

まずはリアブレーキがチェーンステーについていること。

そしてブレーキがUブレーキということ。

むむむっ…

Uブレーキは、まだBMXで使用されていますが選べる種類が…

 

画像を撮り忘れましたが、リアエンド幅が現行ではない…ハブどうしよう…

早くも使用予定のパーツが…

 

ヘッドが1インチスレッド…

 

と、古い規格のものを製作するのは問題ないのですが

使える部品が少ないこともあり、

いかにそこを現行規格のパーツでカバーするかが腕の見せ所。

 

 

問題にぶち当たってやる気満々!

自転車大好き変態ですね。

 

 

今回はまだ手を付けてない状態なのでこの位で済んでいますが…

今後、どんな問題が出てくるか?

変態な僕には楽しみでもあります。

後編もお楽しみに。

scroll top
11:57べーやん が書いたよ
AllCity Mr.Pinkのピンク

こんにちわ。

べーやんです。

 

いつも見る側だったブログの製作車両カテゴリーに投稿する感じが恐れ多いですが、

ぜひともご紹介したいので。

 

今回ご紹介する車両はAllCityのMr.Pink.

 

オーナー様は僕がtempraに入る前から来ていただいているヒゲ社長の友人の方。

 

ファッション業界におられることもあってか、

このMr.Pinkというモデルにはピンクとブラックの2色あるのですが、

メーカーさんに発注して発送されるギリギリまでオーナー様はカラーに悩まれてました。

 

このフレームをベースにとりあえず総額予算、パーツの指定を伺いました。

組むにあたり、僕からも「こういう感じに組むのはどうです?」、

オーナー様「これは絶対使いたいです!」と話し合いを何度か店に来てもらいやりました。

その中でもBROOKS CAMBIUMサドルとChris Kingのヘッドパーツは譲れない!

とのことなのでそれをふまえ再度話し合い。

 

元はロードバイクを乗ってらっしゃったみたいで本人は、

「そこまで自転車は詳しくないので…」ということですが、

ホイールはラチェット音がでかめが良いという要望で、

価格もリーズナブルかつ定評のあるFULCRUMを選択。

コンポ等は予算ギリギリまで詰めてSHIMANO105を選択。

 

完成した車両をみてもらって、「いいっすね〜」「うわ〜やっぱいいっすね〜」を連発!

パーツによっては取り寄せに1ヶ月ほどかかるものもあったのですが、

そこは「全然待ちます!」と言って頂いていたので、こだわる為ならという熱意が伝わってきました。

かなり満足していただけたようで、僕もめちゃくちゃうれしいです!

 

はじめはこのフレームカラーを「派手だな〜」と思ってましたが、

組んでみるとそこまで派手とは感じなくてむしろめっちゃかっこええやん!って思ってたし、

オーナー様にめっちゃ似合ってるなぁ〜って。

 

僕が推してるAllCity.

今回のオーナー様もAllCityを知らなかったそうなのですが、

勧めさせてもらって本当によかった!

いつもと違う雰囲気で組むことが出来たこっちも満足!

 

こうやってどんどんAllCityの良さをしってもらえたらと思います!!

 

 

scroll top
13:05べーやん が書いたよ

twitter


Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Profile

Entry

Category

Archives

Link

スマートフォン

スマホ版

Search

Mobile

qrcode

sponsor