tempra.jp

Page: 1/277   >>
700Cと650b(27.5インチ)のホイール事情

こんにちは。

ベーやんです。

 

年々ひどいと言われている花粉ですが、僕も年々目が痒いです。

鼻はまだ大丈夫です。

 

そんなことはどうでもよくて、今日は最近のホイール事情を。

 

tempraといえば競輪フレーム、競輪フレームといえば700C。

と、tempraの作業のほとんど(ママチャリ等除く)は700Cホイールの

車体です。

 

と言ってもロードバイクにトラックバイク、クロスバイクに最近はママチャリ

ですら700Cを使用してます。

 

しかし、近年発売される車体には650bのホイール設定や、700Cも650bも

兼用できるフレームが多いです。

 

MTBも26インチで発売される数が減り、29erや650bが主流となってます。

今回はグイグイとホイール業界の波に乗っている「650b」という規格を

今更ご紹介します。

 

まずは写真を見て下さい。

この2つのホイール。

上の写真が700×43C、下の写真は27.5×2.1

 

まず、下の写真のホイールは650bのホイールですが、650bなのか27.5インチなのか。

650b=27.5インチな訳で、表記等がメーカーや国などによって変わります。

 

タイヤ規格の話になるとETRTO(エトルト)、HE、WO、BEとか規格表記が

いっぱいあるのですが、この辺は国によってとかの問題なので、また後日の記事で。

 

650b=27.5インチはとりあえず距離でいう「km(キロメートル)」表記か

「mi(マイル)」表記かだと思って下さい。

どちらも同じ「距離」を指してるということ。

 

さて話は戻ってこの700Cと650bですが、なぜ650bがグイグイきたのか。

 

MTB業界では数年前から「650bがくる!」と言われてたようですが、

日本はブーム到来が少し遅れてるせいもあってか、海外よりは後発でした。

 

650bが注目を集めたのは、29erと26インチのいいとこを取ったような性能ということ。

簡単に29erはホイールサイズが大きので、走破性がいい。

タイヤ外周が大きいのでMTBでもクロスカントリーのような長い距離のレースでは、

ロードのように漕ぐのが当たり前なので29erが重宝されますが、

ダウンヒルのように全然漕がない、状況では剛性の強い26インチが重宝されます。

 

こういったメリットがそれぞれにありますが、そのメリットのいいとこ取りが

650bとかなり大まかな説明ですが、そういうことです。

 

次に別の写真を見てみましょう。

さっきの2つのホイールを並べてます。

ここで気づいた人もいるかと思いますが、700Cと650bのタイヤの外周がほぼ同じです。

 

実際にメジャーで計ってみました。

計り方は雑ですが、おおよそで700C(写真上)の外径は約710mm、

650b(写真下)の方は外径が約705mmと約5mmの差しかありません。

 

そうです。650bはタイヤサイズによってほぼ700Cと変わりません。

650bが多く使われだした理由としては、29erのような走破性を持ち合わせている上に、

26インチのようなトラクションの良さ、初動の速さです。

 

特にグラベルが流行ってというもの700Cのブロックタイヤでも路面状況によっては

不安な場面もありますが、650bならタイヤ幅も太く安定した走りが得られます。

 

なので近年は「ロードプラス」という呼ばれ方をしている、ロードバイクだけど

650bが装着できるフレームが出回っているわけです。

 

アスファルトしか走らないならロードバイクでいいですし、アスファルトも

オフロードも両方楽しみたいなら650bホイールが入るロードプラスの

バイクがいいでしょう。

 

もちろんフレームによっては700Cしか入らなかったり、650bしか入らないフレームも

いっぱいあります。

 

逆に両方どちらも装着できるフレームも増えてます。

tempra一押しのSalsa cyclesJOURNEYMANなんかはどちらもいけます。

 

ただ一概に両方履けるから絶対いい!というわけでもありません。

そこは皆さんの「どう乗りたいか」によって変わってきますから。

 

長いくせしてざっくりな説明ですが、最近はtempraでも650bサイズを気にした方からの

御質問等も頂くようになったので今回お話しさせて頂きました。

 

もちろん店頭でも聞いて頂ければそれぞれのメリット、デメリットなど

お答えさせて頂きますよ!

店頭にも上記のJOURNEYMANやKONAの650b車があるので是非実物を見にきて下さい。

 

ちょうどフレームを買い換えようとしていた方や気になっていた方、これを機に

650bを味わって頂いてはいかがです?

また違った自転車の楽しみが増えるかと思いますよ!

 

それではまた。

 

scroll top
12:28べーやん、ゴウ が書いたよ
OFF THE GRID 2019に出店します。

こんにちは。

ベーやんです。

 

 

本日はお知らせです。

毎年出店させて頂いているイベントに今年も出店させて頂きます!

 

OFF THE GRID 2019

 

毎年恒例となったOFF THE GRID(通称オフグリ).

「アウトドア・スタイルの新しいデザインを提案する」をコンセプトに

アウトドアブランドでもガレージブランドが多いこのイベント。

 

ガレージブランドファンの方も多いので一度にここまで集まったイベントも

そうそうないので見逃せません。

 

もちろん今年もtempra枠で出店させて頂きます!

 

去年までは調布の京王フローラルガーデンで開催だったのですが、

今年は町田シバヒロ

 

流石にチャリで行くのは気が引け…なんでもありません。楽しみです。

 

今回もイベントに合わせた限定商品(商品詳細はまた近くなったらで)なども

御用意して行きますので、テンプラブースにも遊びに来てくださいね!

 

っていうか出店ブランド一覧にgearholicあるけど何出すんだろ…

 

 

OFF THE GRID 2019

日時 : 4/6(Sat)10:00~17:30, 4/7(Sun)10:00~16:00 ※雨天決行

場所 : 町田シバヒロ(東京都町田市中町1-20-23)

scroll top
13:59べーやん、ゴウ が書いたよ
今年もOMM BIKE

こんにちは。

ベーやんです。

 

 

待ちに待ったイベントの詳細が発表されましたよ〜

 

"OMM LITE/BIKE,Hakuba/Otari"

 

ということで、今年も去年に引き続き開催されるOMM LITE/BIKE.

去年、一昨年と参加しましたがもちろん今年も行ったります!

(去年一昨年の内容はブログを御覧下さい。)

 

 

今年の開催日は7/13-14の土日。

場所は去年同様白馬!

エントリーは今週末の3/10の22:00~(RUNNETにて)

 

4年目の今年も毎年同じ白馬ですが、コースは毎年違いますからね。

 

おさらいです。

OMMとは?

OMM(オリジナルマウンテンマラソン)は毎年イギリスで開催されている、

世界で最古の2日間の山岳レース。

OMMはウェアやギアを販売しており、イギリスは雨が多く多湿、そんなフィールドでも

いかに快適に素早く最善の行動をとる判断が出来るかを追求する彼らが主催するレースです。

 

今では世界で行われており、本来は名前の通り自転車じゃなく歩いたり走ったり

自分の脚を頼りに決められた場所でビバークします。

 

また開催時期は本国でもあえて気候条件の厳しい時期に開催され、

自分自身の山でのスキルが試されます。

 

日本の本戦とも言われるOMM JAPANは11月に開催され、本戦は毎年場所が違いますが

今年は霧ヶ峰/車山高原での開催が決定しています。

標高2000m近くの高原でしかも11月、普通の人ならそんな時期に

標高の高い山はまず行かないと思います。

 

と、本当はなかなかな条件の中でのレースですが、7月に開催のOMM LITE/BIKEは

「OMMなどに興味があるけど」って人にはもってこいの、言わば初心者でも

大丈夫。

 

レースは2日間ありますが、1日目は5時間、2日目は4時間しかありません。

単純にスタートとゴール地点が同じ場所なので、レース後にキャンプするってだけです。

 

今回の大会では友人が参加するけど自分はキャンプだけ楽しむ人も多いです。

白馬は夏でもバーベキュー、川遊びや、巨大アスレチック、レンタルバイクでの

ダウンヒルなど様々なアクティビティーが楽しめるようになってます。

 

OMM LITEは本戦と同じ、自分の脚で、OMM BIKEは文字通り自転車で

走ります。

 

大会では渡された地図に記載のある各チェックポイント(以下CP)を回って

ポイントを集めますが、CPを回るルートは自分達で決めます。

これがその地図。

なのでGPS機能のついた電子機器などの使用は禁止されてます。

この地図を頼りに回ります。

ということは地図がある程度読めないといけません。

と言っても小中で学んだ地図の読み方(地図記号とか)で十分です。

 

スタートとゴール地点の場所には様々なブースも出店されており、

ご飯も食べれればビールも飲めちゃいます。

 

あれだけ大自然の中をランでも自転車でも走り回ることなんてそうそうないので

本当に濃い2日間を楽しむことが出来ます。

 

今年はヒゲメガネ社長も参戦予定です。

僕は現役メッセンジャーの方と参戦予定です。

 

別に無理しなくたって、ポイント気にしなくたっていいと思います。

大自然を楽しめば。

 

参加のこと、参加の際の服装、自転車、装備でも気になる方はいつでも聞いて下さい。

もちろんOMMに向けて自転車のカスタムなども御相談下さいね!

 

とりあえず忘れないようにもう一度。

エントリーは3/10(Sun) 22:00~ですよ!

 

OMM LITE/BIKE, Hakuba/Otari

7/13(Sat),7/14(Sun)

長野県白馬村、小谷村

 

 

 

 

 

 

 

scroll top
15:47べーやん、ゴウ が書いたよ
テンプライド グラベル編

こんにちは。

ベーやんです。

 

せっかく暖かくなってきたかと思ったら、雨ばかり続いてなんか嫌ですね…

昨日は店がお休みだったので、雨が降るのかとビクビクしながらもスタッフと

友人兼お客様とグラベルライドをしてきました。

 

 

今回はグラベル初体験が2人とシングルギアが1人なので、踏んで行くのは

大変かと思いレンタカーで現地まで行ってからライドを楽しみました。

 

前々日の雨のせいもあり路面は基本ウェット。

根っこや大きめの石なんかはかなり滑りやすくなってました。

 

 木々の間を縫うように走るのは楽しいもんです。

 

小さな小川なんかもありみんなで大はしゃぎ!

 

橋は濡れて滑りやすくなっているので慎重に。

 

もちろん上りの乗れない部分は押すか担ぐか。

 

そしてまた素敵な林道に出たりします。

 

とこんな感じで2,3時間楽しんで帰りは温泉に入り帰ってきました。

今回は僕も初めて行った場所でしたが、初心者も楽しめるコースでした。

 

途中めちゃくちゃかっこいい外国人のMTB乗りのおじさまとも会ったりと、

意外と有名なコースなんだなと。

 

確かにMTBならもっと楽しいんだろうなとも思うコースでした。

輪行でも行ける場所ですが、これだけの人数がいればレンタカーも意外と安くすんじゃうし、

車の方が帰りに寄り道しやすいし。

 

salsa乗りのお二人の車体が大活躍でしたよ。

やっぱsalsaいいな。

 

こういったテンプライドなんかも今年はやっていこうかと思うので、

参加したい方はぜひ!

 

次回はMTBでいこ〜〜っと!!

 

 

scroll top
13:54べーやん、ゴウ が書いたよ
[マウンテンプラ サイクル] Pop Upのあとがき

 

 

2月23日から3月3日まで一週間続いた[マウンテンプラ サイクル]by Crumb Works(クラムワークス)の Pop Upが終わりました。

 

テンプラサイクル新入りのゴウです!

 

Pop Up期間中はクラムワークスが扱う多くのオールドMTBのフレームやCRUST BIKEの自転車が並び、いつものテンプラサイクルとは良い意味で違った空気感が味わえたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

欧米で流行しているアドベンチャーバイクの文化を日本でどれだけ提案できるか、

 

とか自分もクラムワークスの一員として悶々と考えたこともありましたが、

 

結局は「どれだけ自転車を楽しめるか」ということに尽きるとPop Upを終えて感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

普段の街乗りでもキャンプライドでも使える自転車って何だろう?って妄想したり...

 

 

 

 

 

 

 

このバッグがあれば、ツーリングで何泊できるか考えたり...

 

 

 

 

 

 

 

 

何だかタコスを食べたくなったり...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車、特にスポーツ自転車は使う人の好みや用途によって千差万別だと思いますが、

今回の[マウンテンプラ サイクル]は、こういう自転車やグッズがあるということを知っていただけて

自転車やカスタムの選択肢が増えてくれればとても嬉しいです。

 

 

テンプラサイクルでは様々な自転車の修理・カスタムを承りしています。

普段使いでちょっと乗りづらいな〜 とか、自転車のイメチェンをしたい!など是非ご相談ください。

自転車が楽しくなるお手伝いができれば幸いです。

 

 

以上、山に走りに行くと花粉症が治る体質のゴウがお届けしました〜

 

scroll top
19:25べーやん、ゴウ が書いたよ

twitter


Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Profile

Entry

Category

Archives

Link

スマートフォン

スマホ版

Search

Mobile

qrcode

sponsor