tempra.jp

Page: 1/283   >>
バイクチェック

こんにちは。

 

湿気でベタベタ気持ち悪いです。

新しく買った汗拭きシートが汗拭きシートポーチに収まらなくて

思わず「ファ○ク!!」と家で1人で言いました。

ベーやんです。

 

今日はOMM BIKEに一緒に参加したトミーさんとゴクウさんの

バイクチェックを大雑把にしたいと思います。

ちなみに今回参加したOMMでは必携道具があります。

文字通り必ず携行しないといけない荷物。

必携道具は以下の通りです。

 

  • フード付き防水ジャケット(シーム処理の施された防水製品に限る)
  • 防水パンツ(シーム処理の施された防水製品に限る)
  • サイクルスポーツに適した服
  • インサレーション(ダウン・フリース等)
  • ライト&電池(8時間以上使用可)
  • ホイッスル&コンパス
  • 地図(大会主催者より供給)
  • ファーストエイドキット
  • エマージェンシーシート(袋状のものに限る)、又は防水シェラフカバー
  • リュックサック、バイクパック
  • 非常食
  • ウォーターボトル・ハイドレーションパックなどの給水用具
  • バイク修理キット
  • ヘルメット

意外とありますよね。

もちろん全部使用するわけではありません。

が、何かあった際にこの必携道具があればまぁ一夜は越せるだろうと。

今回は雨予報だったので、防水ジャケット、防水パンツは着るだろうから取り出しが

簡単な場所にとも考えてました。

 

 

 

ではまずはトミーさんのから。

SALSA JOURNEYMAN 650B/size 54

チャリンコーヒーのトミーさんはtempraでも推しメンのジャーニーマン650b.

 

借り物だというフロントバックはFairweather、私物のフレームバッグもFairweatherに

シートチューブに保温性のボトルを一本とシート下にPuristボトルを2本スタイル。

 

ちなみに車体自体は特に変更点がなく、完成車販売のまま。

強いて言えばサドルを使い慣れたものに変更して、トミーさんのスタイルでもある

バーテープなし。

完成車販売の標準コンポはシマノのClaris.

フロントダブルのリア8速。

タイヤはWTB NANO 27.5(650b)/2.1.(チューブあり)

これだけで全然OMMも問題ありません。

 

フレームはアルミ製で軽量の為、担いだりする際はクロモリより軽いです。

パッキングに向いている車体なのでフレームにボトルケージ穴が3ヶ所、

トップチューブにパックケージ穴が1ヶ所、フォークにエニシングケージ等が付けれる

穴が2ヶ所、もちろんフェンダーorラックも取り付けOK.

この装備で128,000円(税抜)はほんと安いと毎回感心します。

ステンレスのボトルは、今回気温も例年ほど上がらず、むしろ涼しいくらいかつ、

雨で身体が冷えてはいけないだろうということで、僕らチームを気遣ってもらった

暖かい飲み物を入れてくれてました。

 

サドル下のボトルは左右2ヶ所ですが、左側のケージが1日目の途中で折れてしまい、

一本で。

涼しかったので水分もそこまで必要なかったのが幸い。

またこのケージの取り付け方法は基本ロード、トライアスロンを目的にされているせいか、

オフロードに入った際や段差などの振動でボトルが飛び出して落ちてしまってました。

もちろんケージ側のホールド力は通常使用では飛び出したりしないので安心を。

まぁあそこまで振動があるとねってレベルなので仕方ないかなと。

こうやって人は学んでいくのだなと。

 

ざっくりとこんな感じです。

 

では次はゴクウさん。

Surly Straggler 650B/size 52or54.

ゴクウさんは人気の高いサーリーからストラグラーを。

まず間違いないです。サーリーの懐の広さって言ったら。

 

フロントバッグはなしでフレームバッグ、シートバッグのみ。

共にFairweather.

ボトルはフロント三角内に2本。

てかスポンジボブのボトルかわいい。

 

ゴクウさんはフレームから組んだそうですが、コンポはシマノSORA。

フロントダブルにリア9速。

Clarisもそうですけど、もうシマノコンポは侮れないです。

STIレバーも触覚がなくなり手元はすっきりしてます。

変速性能も申し分ない。

ゴクウさんは5アームのクランクを選択してますが、Claris,SORA共に

4アームクランクもあるので見た目もシャープになります。

 

前回の「ひのはらいど」の際はチューブドだったのですが、

今回はチューブレスでの参戦。

はめたばっかりで、まだ馴染んでないかも…と不安がられてましたが、

トラブルもなく2日間とも普通に走れてました。

 

やはりクロモリの細身感がかっこいいよねと思いますが、アルミの最近のは

かっこいいんだよな…

 

僕もそうなんですけど、やっぱりフレームバッグつけてボトルつけると、

ボトルの上がバッグに当たっちゃうんですよね…

それもあって僕はケージをサルサのサイドエントリーも可能なケージをつけて

なおかつウルフトゥースのBRADマウントという、ケージの位置を変えられるものを使って

フレームバックから逃げています。

 

もちろんこの辺の使い勝手は、乗る人使う人の好みによって大きく変わってくるので

一概に絶対こうした方がいい!!とも言い切れません。

 

何より使ってみないとわからない…

まぁもちろん使ってる人の意見も聞いて参考にしてもらえればと思います。

 

ちなみに僕の車体は去年と全く同じ、同じ仕様なのでこちらの記事を見ていただけると。

僕は必携道具+カメラって感じです。

今回は雨が怖くて全然バッグから出さなかったですが。

ちなみに僕のタイヤはWTB NANO 700C×40Cです。

OMM自体は700Cでも問題ないです。コースどりによりますが。

もちろん650Bの方がロード部分は辛いでしょうが、オフロードや藪の中などの

チェックポイントに向かい際は楽しめます。

特にオフロードの下り。

割合的にはオフロードの方が多いですから。

ちなみに3人共バックパック等の身に着けるバック等は一切なしです。

全て自転車に積んでます。

 

今回はトミーさんもゴクウさんの僕が誘ったのにも関わらず、OMMの為に

車体も購入して備えてくれました。

 

もちろんお二人とも今後の使用予定もあることでこのタイミングでという

ことみたいです。

 

この車体でこれだけ遊べるとも体感して頂けたと思います。

毎回帰ってきてバッグの中身撮ってないと毎回反省していて、もちろん今回も

撮ってません…

なんなら重要なのに…

次回こそは。

 

と、ざっくりとしたバイクチェックでしたが参考になれば嬉しいです。

では!

 

 

 

scroll top
12:58べーやん、ゴウ、サトル が書いたよ
今年もOMM BIKE参戦記

こんにちは。

ベーやんです。

 

関東はぼちぼち梅雨が明けるのではないかと。

早く明けてほしいです。

 

さてさて、先週の3連休の土日で今年も「OMM BIKE」に参戦してきました。

 

OMM BIKEの舞台は毎年恒例、長野県の白馬、小谷!

ウィンタースポーツやる方はご存知の方も多いはず。

 

今年は現役メッセンジャーのトミーさん(チャリンコーヒー)とゴクウさんと

バディを組んで参戦!

 

2人ともバリバリの現役ということで、とても頼もしい!

 

もちろん僕が足を引っ張る感じですが、そこはなんとか地図読みでカバー出来ればと

思いましたが、実際地図読みもめちゃくちゃ出来るのかって言われるとそうでもなくて、

とりあえず、こなせるチェックポイントから回りました。

 

ゲレンデを押して登ったり。(写真じゃ分からないけど乗れないくらいの斜度)

 

上に着いたらルート確認したり。

 

比較的傾斜の緩い下りは乗っておりたりと、あちらこちらへ走り回りました。

 

そんなこんなの1日目は帰りの登りで両太腿をつるという身体がボロボロの状態で

フィニッシュ。

なんとか20位くらいになれました。

2日目にどうなるか…

 

1日目と2日目ではチェックポイント自体は同じですが、得点が変わりますので

それがどうか…

 

ひとまずは温泉に行って、食材を買ってきてキャンプ!

(キャンプ時の写真撮ってない…)

 

 

ちなみに天気予報では1日目が夜から雨予報。

見事にキャンプで夜になってからガッツリ降ってきました。

そんなことを尻目にみんなでワイワイ飲みましたが、心の中では

「明日雨なら走りたくねぇな〜」と思いつつ夜は更けていく…

 

 

そして2日目。

奇跡的に止んでる!!「このまま降らないでくれ!」

願いは8割通じました。

途中降ってきたかなと思ってもすぐ止んでくれました。

2日目はやはり得点の変わりばえを見て、1日目に行ってかなった方へ行くことに。

1ヶ所、2ヶ所といいペース。

 

ここは長野五輪のあのスキージャンプ台。

中高生くらいが練習で飛んでて「すごっ!!」しか言葉が出てきませんでした。

 

去年とチェックポイントの場所は違えど、走り回って覚えてる道もあったりで

覚えている場所の近くのチェックポイントはサクッと取りにいけました。

「これはなかなかいいんじゃないか!!」

しかも2日目は1日目より1時間競技時間が短いため、脚も残してフィニッシュ!!

 

結果は…

98チーム中、22位!

なかなかいい順位!と思ってたら、Velo spicaチームに負けてたり他にも知ってる人達に負けたり

せってたりとなんかもどかしい!!

 

今回もなかなか思うようには取れないところも多く、また課題が残る結果になりました。

でもそれよりも怪我もなく楽しめたことが良かった良かった。

 

雨もなんだかんだもってくれたし!

やっぱりあれだけの自然の中を走り回るのは楽しいです。

 

次はダウンヒル遊びをやりに来たいな〜

とりあえずバディを組んでくれた、トミーさん、ゴクウさんお疲れ様でした!

scroll top
17:06べーやん、ゴウ、サトル が書いたよ
GRINDURO JAPAN.

こんにちは。

ベーやんです。

 

 

今年に入ってから多くのお問い合わせを頂くようになった"Sslsa cycles"

「Adventure by bike」をブランドテーマに様々なシーンに対応できる車体を

ラインナップとしているSalsaですが、今年はSsalsaがホストとなるレースイベントが

開催されます!

 

日本初上陸のグラベルレースイベント"GRINDURO(グラインデューロ)"

このイベントは全長80kmほどのコースを走る訳ですが、コースは舗装路もあれば未舗装路も

あり、まさにグラベルを存分に楽しめるレースです。

レースといってもおしゃべりしながら走ったり、セクション内ではスピードを求める

白熱なスプリントがあったりと、ただただ最初から最後まで必死に走る訳ではありません。

またレース後はみんなで食事をしたり、音楽を楽しみ、キャンプをしたりと内容も充実しており、

疲れた身体を癒してくれます。

 

過去にカリフォルニアとスコットランドで開催されており定員オーバーになる程、

絶大な人気を誇っています。

そんなGRINDUROが今年は上記の場所に加え、カナダ、日本でも開催されることとなりました。

日本は10月に開催予定となってます。

 

GRINDUROの発起人であるGIROに加えFabric,Maxxis,Raphaがグローバルスポンサーであり

また各開催場所には自転車メーカーがホストとなりイベントをサポートするのですが、

日本ではSALSAがホストとなります。

 

まだ受け付け開始してないのですが、ぜひSALSAで参加したいと思ってます。

日本でもまだかまだかと待ち望んでいた人も多いはず。

(倍率高すぎて参加出来なかったらどうしようという不安があります)

 

今回GRINDUROにSALSAがホストになったことを記念して、日本のSALSA輸入代理店である

モトクロスインターナショナルがこんな企画を開始!

 

GRINDUROのホストとしてSalsaがなったことを記念して、行われているこのコンテスト。

 

以下モトクロスインターナショナルHPより引用

 

Salsaインスタグラムコンテストのテーマは、Salsaスローガンでもある「Adventure by bike」
「Adventure by bike」といっても人里離れた秘境をバイクパッキングすることだけが

「Adventure」ではありません。

サイクリングの途中で見知らぬお店にはいってみるとか、

大都市を自転車で走り抜けることも立派な「Adventure」です。

あなた自身のAdventure by bikeをinstagramでご紹介ください!

 

ということでこちらのコンテスト、投稿者の中から1名様にはこちら!

SALSA EXP ANYTHING CRADLE FULL SETがプレゼントされます!

なんて太っ腹。

審査対象には選考はAdventureの過酷さではなく、動画・写真のセンスや

ユニークさを踏まえて選ぶそうなのでキレイ、かっこいいだけじゃダメですよ。

 

募集期間は7/31までで投稿は何度してもいいので、ハッシュタグ

#salsagrindurojapan でガンガン投稿しちゃいましょう!

Salsa乗りも、Salsa持ってない人も参加してくださいね!

scroll top
12:26べーやん、ゴウ、サトル が書いたよ
色々入荷してまっせ!

こんにちは。

ベーやんです。

 

なんか去年は梅雨全然降らなくて気付いたらあけてたわけですが、

そのせいか今年はしっかりと仕事してきますね梅雨さん。

 

洗濯物もテントもシューズも干せなくて、まいっちんぐ○○○先生。

 

 

さて今日は、色々と入荷しております商品をご紹介。

 

Mr.Wilson

¥2,400(税抜)

 

この可愛いテニスボール野郎。

ちゃんとしたWilsonのボールですが、吸盤も付いててなんだこれ?

 

画像のように冷蔵庫orキッチンで手ぬぐい(タオル)を咥えさせたり、

玄関で鍵を咥えさせたりと、可愛く咥えてくれるテニスボール野郎。

もちろん肌触りもよし。

 

 

次。

Thor Round Container mini

¥500(税抜)

 

ゴミバケツ?そうですゴミバケツ、をミニサイズ化したこのコンテナ。

サイズ感はというとこちら。

 

そうです。

ペンスタンドサイズ。

自宅のデスクやリビング、玄関でのシャチハタ入れ、なんならプランターとしても

使用していい良い感じサイズのThorコンテナ。

蓋もついてるし、何よりリーズナブル。

 

 

次。

 

Fixie Pizza Cutter

¥2,300(税抜)(WHITE,YELLOW)

¥2,400(税抜)(CHROME,IRIDESCENT)

 

tempraではど定番のアイテム。

自転車の形をしたピザカッターなんです。

 

フロント5バトンのドロハンであの頃感プンプンな車体仕様ですが、しっかりピザ切れちゃいます。

お好み焼きなんかもこれでズバッと良いんじゃないですか?

 

はたまたタルトなんかも良いかも。

新色のギラギラブリンブリンも加わってます。

 

 

と、今回は上記3点の雑貨が入荷しております。

もちろんどのアイテムも店頭、Online Storeにてお買い求め頂けます。

 

雑貨ってついつい買っちゃいますよね。

じゃあ今回も買っちゃいましょう〜

 

tempra cycle店舗

東京都世田谷区下馬6ー18ー8 カドーロ学芸大1F

03-6453-2655

MON-SAT. 11:00~20:00

SUN/HOLIDAY. 11:00-19:00

WED. CLOSE

 

tempra cycle Online Store

http://tempracycle.com/

 

 

scroll top
11:04べーやん、ゴウ、サトル が書いたよ
bern japan 『Be Safe. Be Self.』

こんにちは。

ベーやんです。

 

 

お知らせです!

 

tempraでもお取り扱いさせて頂いているヘルメットブランドの"bern"(バーン.

この度、bern japan『安全×アート』をミックスさせた展示会、

『Be Safe. Be Self.』を7/4(木)〜7/7(日)の4日間、MONKEY CAFE 代官山にて

開催されます!

 

『Be Safe. Be Self.』

 

この企画では世界でも活躍されているアーティストの"神山 隆二"さんが手がけられた

コラボレーションモデルの展示会となっております。

今回の企画のCMにtempraのヒゲメガネ社長も出演させて頂いてます!

 

この神山さんモデルは年内に発売を予定しており、いち早く見たいという方、

神山さんファンは今回のイベントを見逃すなかれ!!

 

僕たちも5日(金)のレセプションパーティーにはお店を早めに閉めさせて頂いて、

参加させて頂きます。

 

気になる方は開催期間中にぜひ足を運んでくださいね!!

 

以下bern japanより引用

 

【レセプションパーティー&会場限定アイテム】.
7月5日(金)の18:00-21:00にはレセプションパーティーが行われ、会場限定のコラボレーションTシャツが販売される。
.
【イベント詳細】.
Be Safe. Be Self. bern SABRE SPECIAL EXIBISHION 
日程:7月4日(木)から7月7日(日) 
10:00〜19:00(最終日のみ17:00 CLOSE) 
※5日(金)18:00-21:00にレセプションパーティーを開催
.
(場所):MONKEY CAFE 代官山( @monkey_cafe_d.k.y )
(住所):東京都渋谷区猿楽町12-8

scroll top
12:27べーやん、ゴウ、サトル が書いたよ

twitter


Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Profile

Entry

Category

Archives

Link

スマートフォン

スマホ版

Search

Mobile

qrcode

sponsor